楽しい農業と自然災害

妙法寺のアジサイ
画像の説明
「小室山妙法寺あじさい」6月の妙法寺です

この数年大きな災害が増えています.
雨が降ると日本のどこかで大きな被害が出る
梅雨がない北海道にも今の時期前線が停滞して大雨で大きな被害が出ています.
温暖化が進んでいるんでしょうか.
農産物の被害の程度は天候が落ち着いた後でないと分かりません.
大きな被害が予想されます.
当然農産物の値上がりが予想されます.

同じ農家として被害を受けた農地や農業施設の修復を思うと他人事ではありません.
農村の多くが高齢者によって支えられている現状と重ね合わせ
農家を続けていくために必要な作業を思うと胸を打たれる思いです.
農業をあきらめる農家も出てくるような気もします.

水田は遊水地として国土の保全にも大きな役割も果たしてきたはずですが今後はさらに少なくなっていくんでしょうね。

農業を楽しむことが夢で終わらないように
自然をいたわることを本気で考えていかないと 
もとに戻すにはお金も年数も今まで壊してきた以上にかかるんだから.

イソップ童話のアリとキリギリスの話が現実にならないようにと願ってしまいます。

コメント


認証コード3204

コメントは管理者の承認後に表示されます。