アングレカム. レオニス

アングレカム. レオニス アングレカム. レオニス アングレカム. レオニス

草丈   約20センチ

2500円(税込)

 アングレカムはアフリカのランといわれていますが、じつはその多くがアフリカ大陸の南東、インド洋西部に位置するマダガスカル島原産で、アフリカ大陸にはそれほどありません。ランの仲間としてはややマイナーで、一般の園芸店で入手することは困難な種類です。
 葉はバンダに似て細長くて厚く、茎にそって左右に広がります。花はほとんどが白色で、花もちがよく、夕方から夜にかけすっきりとしたよい香りを放ちます。花の色彩は単調で変化に乏しいですが、花形や株姿に特徴のあるものが多く観賞用として珍重されます。ほかのランにはあまり見られない距(きょ)と呼ばれる細長い器官を花の一部にもちます。

園芸分類 ラン

形態 多年草 原産地 マダガスカル、赤道以南のアフリカ大陸東部

草丈/樹高 10~50cm 開花期 主に冬から春

花色 白,茶,緑 栽培難易度

耐寒性 弱い 耐暑性 普通

特性・用途 常緑性,香りがある
a:3167 t:1 y:1